無視が余計に状況を悪化させるかも?会社が風評被害を受けた場合の対応


反論すべきかスルーすべきかは風評の内容次第

インターネット上での風評被害対策は、ケースによって執るべき手段が違うこともあります。たとえば、会社が風評被害を受けた場合、表向き、完全に無視するという対応を取るところは珍しくありません。そういった対応が正解のケースもあります。たとえば、ほとんどの人がでたらめだとわかっている、ジョークのような噂に対して、会社が真剣に反論をしたら遊び心がなさすぎる企業として評判が下がってしまいますよね。また、真剣に反論するということは意外と本当なのかもと思われてしまう可能性もあります。

風評によって会社への感情が悪化している場合

ただ、風評に接した人が信じ込み、そして会社に対して反感を抱くような場合は、早急な説明が求められるでしょう。取るに足らない噂なので静観するといったような対応を取ると、都合が悪いので黙り込んでいると思われてしまい、さらに反感を持たれてしまうからです。また、風評の一部は事実だが、語られている話と実際のストーリーはだいぶ違うという場合も、きちんと説明した方がいいでしょう。会社にとって都合の悪い事実が含まれていたとしても、真摯な説明をすることで逆に評価を上げることにつながるからです。

単なる否定は余計に炎上を招くことも

否定はするものの、説明はしないという対応を取る会社もあります。たとえば会社の公式アナウンスとして「インターネット上で取りざたされているような事実はございません。以上」といった一文を出すといったものです。取るに足らないような風評に対して、真剣に反論しても意味がないということかもしれませんが、風評に対して会社側の説明を期待していた人が多い場合、さらなる炎上を招くこともあります。公式アナウンスは、風評に接した人がどのような対応を期待しているのかしっかりと分析した上で出すようにしましょう。

誹謗中傷対策をしたいなら、業者に依頼をすることです。独自のシステムを開発している業者もあり、多くの相談があります。