中間コストの削減!メーカーがecサイトを自前で持つのがブームに


メーカー直販なら中間コストが必要なくなる

今までの時代は、メーカーは販売網を持っていなかったために、商品を小売業者に渡して、そこで販売をしてもらうしかありませんでした。小売業者の取り分は意外と大きく、この中間コストがメーカー側にも消費者側にも非常に大きくなっていたわけです。しかしインターネットが発達してネットショッピングが普及してくると、この中間コストをカットする方法も生まれてきました。それが、ecサイトなわけです。ecサイトはつまり商品販売サイトのことで、もちろんメーカーにも利用可能なものになります。

消費者側からすれば安心感も強くなる

直接その商品を作っているメーカーから品物が買えるのは、消費者側からしても嬉しいことですよね。なぜなら、偽物に気をつける必要がなくなるからです。大手ショッピングサイトでも、偽物が紛れ込んでしまう可能性はあります。ですが、メーカー独自のecサイトなら、偽物が入り込む余地はほとんどありません。ゼロだと言っても過言ではないでしょう。さらに、商品についての説明も信頼できますし、サポートにも期待が持てます。ecサイトの普及は消費者にとっては歓迎すべきことです。

ecサイトは手間が省ける点も魅力的

ecサイトは、消費者側の手間が省ける点も魅力的です。なにしろ、メーカーのホームページに行けば商品が買えるわけですから、購入のためにお店を探し回る必要性も皆無です。値段も安くなっているのが普通ですし、公式のキャンペーンに参加ができる点も魅力です。いちいち買い物に出かけなくてもネットに繋がっている端末さえあれば注文を確定させることができ、商品は丁寧に自宅まで届けられます。こうしたサービスが普及するごとに商店街からは活気がなくなりますが、それも時代の流れとして受け入れていく他ないのでしょう。

ecサイト構築を行うには、ウェブページのデザインを考えることが重要であり、商品の説明文の内容をこだわることが良いでしょう。